2010年01月12日

成人式

平成も『成人』したかと世に問うて



平成22年、というよりも
「成人がすべて平成生まれ」というほうが
へええ、と
もう20年たったかね、という気になるもんですね。


と、いうよりも


2010年、のほうが明らかに馴染みがあるのは
シューカが2000年生まれ、という以外にもある気がします





毎年「荒れる成人式」が、これまた季節のトピックスになって久しいですが



今年はどこかの市長さんが
挨拶をする途中で
壇上に上がってきて騒ぐフトドキ者に対して

大きく一喝し


「君たちの行為が、多くのここにいる同期生にとっても
かなり迷惑になっていることを心得るべきだ」

みたいなことを言った時に


その、多くの同期の新成人の皆さんが
多くの拍手をもって賛同していたのが
うれしかったな、とおもいました

そうそう、そんなKYな奴は、同年代で「恥ずかしい奴」の
烙印を押してやったほうが、その子のためになる。



それから、


昨日の報道ステーションで
新成人の刀鍛治修行中の青年を取材していたが

修行中は給料が出ないので、
実家から最低限の仕送りをしてもらいながら
3食自炊して、携帯電話も無い生活をしながら
日本伝統の刀匠になるために

一人前になる前には、酒もタバコもしない、と決めて
同窓会に参加している姿は
とてもストイックなものを感じました。



師匠のいう、「その人の人生がそのまま刀にあらわれる。
素晴らしい人生を過ごして来てるなら、
その刀は、そのまま名刀になる」
と言っていたのも、うなずける気がした…


その人の、生み出す物そのものが
すなわちその人そのもの、というものが
ワタシにはあるのか。


2回目の成人式もウン年前に終えたワタクシですが
(ちょっと懐かしい響きですな)
「生み出せるもの」もなく「成熟」の程度もあやふやで
いまだ迷走状態のワタシ。


・・・平成の世も、そんなところでしょうかね。
ちょっとずつ、オトナをめざしたいもんです。



posted by はね吉 at 10:20| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱた川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水菜が…

鯨鍋水菜と炊いたが懐かしき
最近の水菜って、柔らかいですね


サラダに生で入ったりして、シャキシャキしていてシューカは大好きなんですが


サラダに使えるって事はそれだけ柔らかく、くせがなく…ってことですね。



昔の…それこそ鯨のハリハリ鍋に入れていた頃(なんか年齢がばれそうやな)

水菜は通学路のはたの畑に栽培されていて、
寒くて霜のおりそうな朝に


棘のの様な緑の葉を、寒さに挑むかのように突っ張って伸びていたような

生命力に満ち溢れた存在でした



そして、食べ応えも、バリバリと針金みたいで
鯨も水菜も固いので、炊いて炊いて、クタクタになったのをしがむようにして食べて
でも必ず奥歯にはさまって、食後往生する、
そんな思い出が、鯨のハリハリにはあります。


最近の水菜は、我が家では「薬味」級の扱い。
あのシャキシャキ感を味わうには、仕上げに生で盛るか、火を消した後の余熱でさっと湯通し…程度でしょうか。

鍋になんか使おうもんなら、
春菊みたいに「しゃぶしゃぶ」で、(しゃぶしゃぶに使うのではなくて、肉のようにしゃぶしゃぶして食べる、って意味)

でないと鍋のなかで頼りなく
あれ?これなんだっけ?になってしまう。



生でも鮮度が落ちて来ると、



へしょん、として



いかにも疲れてますとか
死にかけですとか
情けない表情になってかわいそうです。
まさに、水がないと保っていられない、「水菜」なのかな、といったかんじ。




あんな針金みたいに尖んがった、生命力に溢れた水菜は…


JAにしか無いかもしれませんね…。
posted by はね吉 at 08:51| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱた川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。