2009年01月12日

大分麦焼酎 二階堂

CM好きの人からは必ず、といっていいほど上位にランクされる、
名作CMです。

年に1本ペースで1987年から変らない作風で
ファン、というよりも信奉者にちかい人々に支持されているようです。

はね吉も最近、歳を重ねてきてですね、
この「二階堂の世界」観に心を震わせておる次第です。

2008年版の「消えた足跡」編は…

ナレーションではいる言葉は

「近道は遠回り
  急ぐほどに足をとられる

 始まりと終わりとを
  直線でむすべない道が
    この世にはあります

 迷った道が 私の道です」


そして、画面には


「一生に 何回 後悔できるだろう」

と、浮かぶのです。


美しい風景と、静かに流れていく時間と、心に沁みこんでくる音楽と


最後に、この言葉。


多分、こんな言葉を言えるようになるには
成人式を2回は重ねないと、出てくるもんじゃないでしょう。

後悔すら愛おしい、ワタシの、生き様。

喜怒哀楽も、煩悩も、愛も、憎しみもすべて
飲みくだして苦しんだ末に出てくる一言のように思えて

ジワッと泣けた、15秒です。

同じ焼酎のCMで「いいちこ」の、ビリーバンバンの歌も
なかなかオトナなかんじで好きですが…

二階堂CMライブラリーもありますので…
じっくり味わってみられてはいかがでしょうか。

二階堂CMライブラリー
posted by はね吉 at 22:28| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CMこらむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112520567
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。