2009年12月08日

真澄さまっ!!!

恋を、してしまった。
・・・と、いうより、「気づいてしまった」というほうが正しいのかもしれない


あのひとに、こんなに魅かれていたことに・・・


・・・・・ええっ!?



でも、道ならぬ、報われない恋だ。
しかも、彼には「魂の片割れ」ともいうべき、愛する女性がいる。
いや、そんなことじゃない・・・

彼には、会う事も触れることもできない。
こんなふうに想いを募らせても、ただの独りよがりだ。

・・・いや、異常なのだ、この想いは!!


ええっ?!・・・・・



異常、と言い切る根拠・・・・
それは・・・・・
その彼は、「架空の人物」なのだから。



とうとうそこまでなっちゃいましたか・・・・



あの、冬ソナのヨン様に憧れ、恋することだってあるんだから、
そんな異常ってことも無いと思うよ??

いや、そうじゃない、
その彼は・・・・三次元のひとじゃないんだもの。
思いっきり二次元の・・・

しかも、漫画の登場人物・・・・・・・・・・・・・・



ええっ・・・・・・(失笑)


その人は・・・・・


・・・速水真澄。


美内すずえ原作の演劇根性漫画、『ガラスの仮面』の登場人物。
ガラスの仮面は、安達祐美の主演ドラマにもなっているので、
小耳に挟んでしってるよ、という人が多いと思うけれど
少女マンガ界で怒涛の大河ドラマ
連載開始から30年を越えて未だ完結していない(途中10年程休載)
親子2代、3代にわたってのファンがいる
など

およそワタシのような40代の女子に知らない人はいない、というほどの作品だったりするのですが

その主人公、「北島マヤ」に深く関係していく男性なのです。

いや、二人目、三人目の主人公といってもいいでしょう・・・


wikipedia「ガラスの仮面」


wikipedia「速見真澄」


興味のある人は漫画44巻、読んでくださいってことで。


「ガラスの仮面」との出会いは、小学校5年生。ちょうどコミックスの1巻が発行された頃でしょうか。
ワタシの演劇好きは、これに影響を受けたといっても、過言ではありません。

中学・高校と「演劇部ではないが、文化祭で演劇?をする部」に所属したのも、
30を越える歳になっても「セリフがはいってない!!」という夢を見て焦ったり
紅天女の継承権がかかるほどの女優か、との評価を得ながら、
「家庭に入らなければなりませんので」と諦めている夢をみて
(現実に結婚して2〜3年の頃に見た夢)本気で泣いていたり、とか

なんかとんでもなく魂を入れ込んでしまっている作品なのです。



そして、見事旦那ちゃんまで『ガラスの仮面』にハマらせてしまい
「ビレッジバンガード」っぽい怪しい深夜まで営業している古本屋に通いつめ、ブックオフに日参し、
文庫で21巻、中古で集めさせてしまいました・・・

それが、シューカの生まれるちょっと前・・・


そして今年、いよいよ原作の美内さんも完結にむけて連載を開始したので
再燃、でございます。


今度は、小学3年のシューカもいっしょにハマっています・・・
しめしめ、でございます。

DSの、「トモダチコレクション」の「mii」に
「はやみさん」「マヤちゃん」「はねきちさん」が同じマンションの住人として、登録してもらってしまいました揺れるハート




・・・・だんだん、馬鹿っぽい内容になってきましたが・・・





呆れてる?



だよね。




で、真澄様の魅力っていうのがね・・・・





日本で一番か、といわれるような芸能事務所の社長に20代前半で就任し、
義父が会長を務める「大都グループ」の次期総帥となる(はず)

頭が凄く切れて仕事人間だけど、高身長、甘いマスクで
自分の会社に所属する俳優やタレントと比べても引けをとらないくらいの容姿。


表の顔は「仕事人間、どんなに美しい女優にも目もくれない、
鉄面皮・冷血漢・」で恐れる人も多いのに

内側には優しく、情熱的で、一途な恋心を秘めているひと。



11歳も年下の、天才女優が13歳の時に心魅かれ、
匿名で援助を続けていつの間にか真剣に恋をしていた・・・

今は、その女優からも想いを寄せられているのに
「彼女は俺を憎んでいる」と思い込み
想いを封じ込めて
義父が進める政略結婚の相手と婚約してしまう・・・



ドロドロの、展開。

忘れることなんか出来ない、離れることなんか出来ない恋に
胸をかきむしり身悶えして苦しむ姿に、

萌えええええええええっ!!!
なのです。



読者は、マヤとのハッピーエンドを望んでいるので・・・
それ以外の展開に作者が持っていったりすると
「ガラスの仮面」ファンは必ず暴動を起こすだろうと思うのですが・・・


そろそろまた、ドラマでの『ガラスの仮面』も見たくなってきました。

ワタシとしては・・・北島マヤ=安達祐美
          速水真澄=田辺誠一

に激しく不満だったので


自分なりに「リアル真澄」はだれか、なんて考えたりしてるのですが


昔は・・・B'zの稲葉さんが「ベストオブリアル真澄」だったんだけど

このごろは

1号は俺様キャラで玉木宏さん
2号は悶々と悩んでる感じがいいかも、な西島秀俊さん

3号は引き締まった体躯、ゆるいクセのある髪で西島千博さん。

玉木真澄と、志田未来のマヤで見てみたい、というのは
いかがでしょうかね?
posted by はね吉 at 02:49| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。