2010年04月21日

燃費の悪いワタシ。

新年度が始まって、およよよよ、という間に2週間経ってしまいました。

4年生になったシューカは、今度は23歳の(今年24になるらしい)
ピカピカの男の先生が担任になりました。

今月末に参観日なので楽しみ!

別に男の先生だからってワタシが浮き足立っているわけでもなんでもないんだけど
まだ「せんせい」として少々ギコチナサというか、フレッシュな感じが
微笑ましくて、ですね。

まる、なんかもまだ、板についていないっちゅーか
自信無さげ、ちゅーか、

花まるがビラビラぼよ〜〜んとした「ナルト」みたいだ、と思ったんだけど
先生にゆったら傷つくからナイショよっ!と言いつつ
母娘でクスクス笑ったりなんかしています。


さて。


話はかなりとびますが



3月の誕生日前に運転免許証の更新にいったんですが
行く度にそばの献血センターで献血をする、と決めていたのです。

実はここ3年ほど、PTAの献血活動に参加するものの
すべて比重が足りずに「残念ながら今回はご協力いただけません」状態におちいっていたのです。
いわゆる貧血状態、ですね

で、免許更新の今回にはかならずっ、と鉄分補給に勤しんで臨んだわけです。が。


あえなく撃沈…

そこで、近所の病院に行きました。
そこは漢方でもしてくれるとのことなんで
貧血…とはいっても目まいなんかの自覚症状はないのだけど、
それから腰からしたの冷え性…
更年期を迎えようとする今、徹底的に体質改善になればいいな、と思って。


脈診、お腹に舌の様子を診てひとこと、

「はぁ〜〜〜、おもしろい」


ひえっ?


お、おもしろいんですか?


「うん〜〜〜なんだろね、かわってるっていうか」



ここでもかわってるって言われちゃったよ。


ど、どーいう…?

「あのね〜、お腹を触ってみたらほんとに力が無くて、
言わばまったく貯金も燃料も全く無い状態なのに、
脈がね、ほんとに力強いんですよ。
すごい高出力で突っ走ってる状態なんですよね」

ムダに力入り過ぎてるってことなのかしらん…

「まあ…経過を診て行きましょうか。
カラダを温めて、血の巡りを良くするための漢方を
2種類、2週間飲んで見ましょう」

ってな具合で、にがぁい、まずぅい漢方をがんばって飲んでます。

何年か前に、整体の先生に
「気をつけないと…無理をしがちな体質なので、
ぷちっと脳梗塞、とかなりそうなところありますよ。
気をつけてくださいね」
・・・と言われたことを思い出しました。

痛みとか、具合の悪いのとか自分で気が付かなくて
よっぽどの時にはあら、もう手遅れ、なんてことになっちゃいそうな。

多分…それもこれも、高出力の脈とか
そんなことが関連しているような気がします。



・・・早くわかってよかった・・・


暫く、様子見です。
経過報告、しますね。
posted by はね吉 at 10:00| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の泡アワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。