2007年03月01日

自分の身の丈って

また、3月が巡って来ました。
3月には一つ歳をとります。

40代になって思うのは
もう、若くは無い、時間が無い
まだまだ人生、諦めたくない
両方の気持ちがある、ということ。

今、何か新しいことを始めるかどうか
今、思い切って弾けてみようとか
思うかどうか、って頃。

この時期になって、
あらためて今までの生きて来し方を思い巡らして
自分って一体、なんだったんだろう
どれがいい選択でマズイ選択だったのか

そして、これからどう生きてくのか
・・・どう、歳をとっていくのか・・・老いていくのか

どう生きたいのか

考えるようになってきました。

いろんな人との出会いやアクシデントで、軌道が変化することがあっても
自分で自分の人生を生きよう
そう思います。

割合、夢大きいはずの頃から
始めから諦めて人生の選択をしてきたワタシです。
「こんなこと、ワタシに出来ない」
「こんなもの、ワタシに似合わない」
そんな思い込みに縛られて、
本当にしたいことや手に入れたいものを
遠ざけたり我慢したりしてきたかもしれません。

「所詮、ワタシってこんなもん」

なんて思いながら生きていくのって
自分自身に失礼じゃないのか?

かの、
「ベルサイユのばら」の作者、池田理代子さん。
漫画家として大成しているのに
声楽家になる夢を実現するために
一大奮起して音大受験に取り組んだのは
40代になってからだったそうです。

ワタシには、
まだ見えていない夢があるのかもしれない。
実現するための努力を雑多な理由で誤魔化して
本気で取り組んでいないのかもしれない。

「歳をとれば見えてくる、自分の身の丈」
と言うけれど

まだ、冒険してみたって

いいじゃないか。
posted by はね吉 at 00:24| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう40代になられたのですね。人生たまにさびしく感じる時があります
Posted by 木の上のお知り合い at 2007年03月03日 00:42
コメントありがとうございます。
木の上で語りあったのはまだ20代でしたね…

あの頃、キラキラした時間を過ごしていましたね。

また、話しが出来たら、いいですけどね…

昔を振り返ると、あまり変っていない自分を発見したりして
「老け込んでなるものか!!」と思いますよ。

一人ではなかなか難しい作業なんですが。

まだまだ、これから!です。
Posted by はね吉 at 2007年03月03日 01:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34954074
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。