2007年04月14日

目玉親父のゼリー

ちょっとどころでなく、だいぶ恐いんじゃないでしょうか。

目玉おやじゼリー人気 サンシャイン60に鬼太郎カフェ
人気メニューが「目玉おやじゼリー」。一見、湯飲みで入浴中の目玉おやじだが、実は、青りんごゼリーとブルーベリー味のキャンデーの組み合わせ。

 なめると、次第に白目部分が消えて充血したようになる。週末は40食売れるなど好評で、「妖怪に親しんで」と担当者。だが、リアルさに泣き出す子も。


特に、「なめると次第に白目部分が充血したようになる」
なんて、ひええええぇぇぇぇ じゃないですか。

妖怪に親しむって、食べてみてそんな気持ちになるもんでしょうか?ちょっと違うような・・・
どっちかってと、「妖怪退治」の気分じゃ・・・

ウェンツ君が鬼太郎、田中麗奈が猫娘・・・の
実写版映画「ゲゲゲの鬼太郎」をシューカが観たい、と言ってます。こわい、とか言ってたくせに。

映画を観て、ほんとうに近しい、親しむ気持ちを持った後なら
こんなゼリーを見たら
可哀相で食べられないって気がしますよ。
posted by はね吉 at 01:44| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。