2007年04月25日

大!中!小!

キンチョウ「コンバット」の新CM。
前回は声優の高坂真琴さんが少女の「マコちゃん」の吹き替えをしているのだが、

「マコちゃんホントは55さぁ〜い!いやぁ〜〜〜ん」

とバリバリオバちゃんファッションで顔出しする、
そのインパクトで視聴者がひっくり返る、
というものでしたが

今回は「コンバット」の大きさが選べる3タイプになって
画面の「マコちゃん」も3人に増えていました。
で、

「CMトリオも『大!』『中!』『小!』いぇ〜〜〜〜い!!!」

とマコちゃんコスプレの声優さんが振り返るのです。

見た目どうりの体格大中小、でした。

特に、「大」の池谷のぶえさんがプルプルプルッと身体を揺する、「小」の文月くんさんがキャホーーー気味にはしゃぐ、で
元祖マコちゃんのインパクトは押さえ気味(年齢でしょうか)

やっぱり圧倒されてしまうのでした・・・

毎回驚かされるのは、声優さんの「声の張り・若さ」です。
「声を出す」ってことはかなり体力・・・特に筋肉がものをいうらしいです。

ワタシはあまり自分の声は好きではありませんから
こんなふうに「声をあやつる」ことが出来るのは憧れます。

最近、「自分がどの高さで声を発するのがいいのか」わからなくなっています。
相手にとって聞き取りやすい声ってどんな声?
自分にとって喉に負担のかからない声ってどんな声?

合唱部で発声を習ったことで
喉が痛いとき、出しにくい時なんかは
「ファルセット(裏声)」でしゃべるとラクってわかったんですけど
その細めの、高い声と
ワタシのキャラクターがする話しの内容にギャップがあったりして
どうでもいいことなんですけど
ちょっと悩んでしまっています。

心地良い声で話したいもんです。


KINCHO|CM情報
posted by はね吉 at 01:31| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CMこらむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39966912
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。