2007年07月20日

ささやかながら。

・・・「どやねん」なことばかり、ですな・・・

ブログのテーマに、なんて思っている次から次に
「ひぇ〜っなんやそれ!」なことがどんどん起こって。
あっという間に「過去のこと」になってしまう。

次々とんでもないことがあって
ワタシのアタマでは消化しきれませんことよ。
自分自身のことでもイッパイイッパイなのに。

とりあえず、気にしているのは
「中国産には要注意」
それから
「行列して争奪戦して手に入れたエコバック
 はたしてカッコイイのでしょうか?」
「『どんだけ〜』って関西では流行ってないよね」

・・・支離滅裂でつね。

でもまあ、

自分の中の自分を裏切らず、誤魔化さず、逃げず
ひとに誠実に、親切に、正しく
明るく、元気で、楽しみつつ

喜びも悲しみも、不安も怒りもすべて
自分のこととして味わいながら
だから「生きている」って素晴らしいね、と
相対する人と語り合える自分でいたい。

そのための
日々の暮らしを
まっとうに、積み重ねていこう。

いろんな世迷言や雑音や呪文の中でも
確かなものを探していく目をもとう。

大きい事を言うようですが
ホントは
ささやかな、
ちっちゃな決意表明です。

まずは・・・
明日からシューカのお弁当生活!
ちょっと気合入れないと・・・
ラジオ体操もあるし。

たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

ああ〜〜〜この夏、乗り切れるんだろうか?!(すでに弱気・・・)
posted by はね吉 at 00:19| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の仕事はパートタイムなので、普段は子どもが学校から帰ってくるまでには帰宅できますが、学校の長期休みは困ってしまうのですよね。
1年生の時は夏休みだけ無理にお願いして育成室(学童保育)に入れていただきました。
お弁当を持たせて9時から6時まで預かっていただくのですが、うちの区は保育料とおやつ代で月額数千円。
以前住んでいた兵庫県の市は1万円以上だと伺ったことがあります。
お盆の期間は育成室にやってくる子どもの数がぐっと減るので、おやつ代に余剰金が出たのか、みんなで駅前のファミレスに連れて行ってもらい、好きなデザートを注文していいよ!という豪華おやつの日もありました。
2年生からは、育成室は利用せず、学校のプールや、塾の夏期講習、YMCAの夏キャンプ、何もない日は併設の児童館で10時から12時まで遊び、一旦帰宅して13時から17時までまた児童館・・・と、なるべく一人でお留守番しなくて済むよう、親子のスケジュールを調整するのですが、毎年夏休みは私も「こんなので乗り切れるのか!?」とかなり不安だったものです。
今年の夏は塾が30日間もあるので、スケジュール調整は楽々だったのですが、夏期講習の費用が20数万円です。




Posted by みちこ at 2007年07月22日 06:39
にっにっにっ、にじゅうすうまんえん〜〜〜?!

ウチには無理ですわ〜

こちらの学童保育は、市の「子育て支援」で料金を設定するらしく月額5000円ほど、そこにおやつ代がプラスです。
けれど他の市になると児童館に付属するのか2〜3000円だとか…自治体によって料金がまちまちなのは、不公平感がつのりますね。

一応3年生までは学童保育ですが、4年生になったら勤務体制とか考え直さないといけないのかなあ、と思ってます。

宿題の進行ペース作り他、夏休みの子どもの生活アレンジって難しいデスね。。。
まだ学童の先生にもお願いできるぶん、ワタシはラクなのかもしれんですね。

母はタイヘンだ!がんばりましょう〜
Posted by はね吉 at 2007年07月22日 12:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48541296
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。