2007年07月22日

青春の日々

20070720121006.jpg
20代の日々を過ごした、懐かしの部屋。

…とはいっても、ワタシの部屋ではありません。
勤めていた幼稚園の保育室。
その当時はこんな雰囲気にしたくてもなかなか出来なかったのですが
15年近く経って先生方の努力の甲斐あって
こんなあったかな落ち着くスペースになったようです。

創立50年を超えるその幼稚園は
神戸の街を一望できる場所に建ち
都会の観光地のなかにあるにもかかわらず
そこだけが違う風が吹き渡っていく、って感じの場所です。

震災時には避難所にもなり、
園児減少によって閉園の危機もあったけれど
保護者の方々の熱意ある応援をうけて
若い職員の献身的な仕事の結果
ほんとうにすてきな保育を続けることが出来ています。

ワタシは今思うと
ほんとに力なく、イイカゲンなところも正直あったし
申し訳ない…と思うことも多々有りなんだけど

20代の青春の全部をここに捧げていました。
丁度幼稚園の方向転換 産みの苦しみの時期で
毎日が必死でした。

来年度の園児募集にむけて
園庭・保育室の子どもたちの遊ぶ様子を
地図みたいなイラストにする、ということで
お呼びがかかって行って来ました。

当時、こんな雰囲気の部屋で、保育したかったんだよな〜!!
シューカもここで、なら良かったなぁ〜!!
(なんしか、毎日通うには遠い…)

全てのおもちゃは木製で
先生の手作りの物も多くて
草花がいっぱい、木に登ることも出来るし。
大人もそこにいるとほっこり、癒しの空間でした。

久々に、胸が熱くなる1日でした。
タグ:幼稚園
posted by はね吉 at 00:54| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | いいかも〜♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48822979
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。