2008年03月06日

まだ…

あれから

自分の時は止まったままなことに

目を背けていた




でもわかってた

忘れないこと。
忘れられないこと。



自分の時は止まったままでも
まわりの時は止められ無いこと




忘れたふりをしても
突然涙が流れるのは


あの時のあの場所で
待ち続けているから


早く昇華したいと願うのに
諦めきれずに
待っているから


カササギの
飛んで来るのを
信じているから


笑うでしょうか
恐れるでしょうか

向こう岸に
もう立っていないはずのあなた


待つだけで待つだけの

わたしの
切ない繰り返しを


〜さだまさし「かささぎ」へのオマージュ〜
posted by はね吉 at 00:18| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと詩的? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88432815
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。