2008年03月09日

やっと本物のボクシング!

防衛おめでとうございますぅ〜グッド(上向き矢印)

いやぁヨカッタヨカッタ、面白い試合でした。
両方とも強いんだな、ということが良くわかりました。

スタミナもあるし
足使ってるし
クリンチしないし(投げたけど)
12ラウンド終わっても顔キレイだし

勢いだけでワサワサワサッとやってく殴り合いとは違って

両者ともに尊重しあってる感じがしたのはワタシだけ?

判定の結果が出て、チャンピオンの防衛が決まって
スグにベルトを巻きに来たのを
「待って」っと制止した内藤さん。

じぃ〜〜〜〜ん、ときて
涙が出そうになりました。

お祭り騒ぎして歌カラオケなんか歌っちゃうような
そんな子どもっぽい盛り上がり方は
もういらない。

本当にボクシングが見たいなら
ボクシングが好きなのなら
こんな試合がいい。

「亀田戦のようなパフォーマンスがないのはつまらん」
って言ってるのは
子どもだ、って思う。

殴り合いは本能だ。
でも、そこに「スポーツだ」と自制するから
ボクシングの素晴らしさがあるんだ、と誰かが言ってたけど
それをしっかりと見せてくれた、と思う。

ボクシングは、「喧嘩上等パンチ」の世界ではないんだ。

内藤さん、おめでとう。
またおもしろ話、待ってます。
posted by はね吉 at 02:01| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いいかも〜♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。