2008年04月09日

「くいだおれ太郎」の行方

大阪道頓堀のシンボル、「くいだおれ」が今年7月に閉店が決まったそうです。

太い眉毛に丸黒縁眼鏡、縦じま紅白のピエロスタイルで
ドンチャン演奏している看板人形なんて、

「ゆるきゃら」の真逆にいる、

いかにも大阪っ!!
「くいだおれ太郎」。

時事を反映した扮装をしたりして
「大阪」をPRしてきたところなんかは
「東国原知事」「橋下府知事」に負けない
アピール力を持ってる彼ですが

それが「くいだおれ」の経営には反映していなかったってのは
ちょっと皮肉な、残念なことでした…

それにしても

「今日の記者会見についてのことで頭がいっぱいで
太郎の今後についてまでは考えにもありません」
と言っていた山田昌平社長のマイクを横からとりあげて

「私も、何をささやいたらよいのやら…わーい(嬉しい顔)
と一発かまして?くれた柿木道子会長。

ヤルねえ〜〜〜るんるん

「ようできた看板息子。感謝しております」と
労をねぎらった一言。


経営の人達が、こんな粋なセンスの持ち主で
大阪を盛り上げてくれていたのかなあ、と

残念な思いと、ご苦労様でした、と感謝の思いがあります。

「くいだおれ太郎」の存在が、これからも
「大阪のおもろうて粋な象徴」として
生き続けてほしいな、と願っています。


くいだおれ:名物人形「太郎」売却も 7月に閉店           毎日jp
posted by はね吉 at 23:57| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるぅ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92843316
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。