2011年03月02日

スッキリせんぞ。

今年も早いものでもう3月ですね〜

なんか、あんまり良いお正月じゃなかったので、
漂うような気持ちで今日まできてしまって。

シューカまで、影響を受けてか、
2月に二回も風邪をひき、
今両耳が中耳炎になって、
風邪でもらった薬が無くなるまでは
耳鼻科の薬が出せないから、って
痛くて痛くて泣いているのに
痛み止めも制限しながらしか飲ませてあげられなくて…

今日も、早退してきました。

熱が38度あります。

・・・風邪が長引いていると、嫌な想像をしてしまいます…

春なのに。



花粉症よりもスッキリせんわ。


強くならなくちゃ。
posted by はね吉 at 00:21| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

それでもやっちゃいますか。

開催決定しましたな、大相撲名古屋場所。

んんんんんんん〜なんだかナァ。


今までの相撲協会の処分の仕方からしたら、かなり厳しい処分で
それで禊は済んだ、と判断しての開催だけど


あぁ〜まぁ〜いぃ〜!!!



甘い甘い甘い甘い!!!


朝青龍のすったもんだの時からずっと思ってるけど
やっぱりあまい、相撲協会。

高校野球で、試合には出ないレギュラーメンバーでない生徒が
なにか問題を起こしたら、
その学校はたとえ優勝候補にあがっている名門校だったとしても、

野球大会には、出場辞退するもんだ。
(それは、やっぱり、教育機関だから、なんだろう)

その甲子園にかけるために、3年間休み無く
厳しいトレーニングに耐えてきた、選手生徒達の
高校生活の全てを、青春の全てを捧に振るのだ。
生活がかかっている、に近い。
その後の人生にだってきっと影響するに違いないのに。


(モスクワオリンピックに参加出来なくなって悔し涙にくれた選手は
やはりそこに囚われ続け、これも人生、と達観できるまで十何年とかかっている)


そして、問題をおこした生徒は、その責任の重さに、ずっと心を痛め
そして決心するんだろう
もう二度と、一時の気の迷いの為に間違いを犯すまい、と。



相撲界にはびこる賭博は、遊びの領域を超えている。
それがもとで恐喝などがあったのなら、もう、犯罪だ。

ここからは邪推の域だけれど、



暴力団が関わっていたのなら、
相撲賭博だって持ちかけられていて
借金のカタに、八百長が行われていたって不思議じゃないでしょ?
親方だってやってるんだから。
「オマエ、次、ちょっと手ぇ抜いていってくれ」
なんてね




一般市民は、納得してないです。
名古屋場所、止めるべきでした。
場所が中止になって、生活が困る人がいるんだって
ずっと忘れないためにも、
連帯責任をとるべきだったのに。


NHKは放送しないし、
懸賞金を引き上げる企業もあるし、
出場出来ないお相撲さんも多いし、
抗議の気持ちで観に行かない人も多いだろうし
地味な場所になるんかな、ってちょっと興味はあるけど、

もう、いいかげんしろ、って思いますな。

posted by はね吉 at 10:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

いまさら…

結局、朝青龍は引退になりましたね。

理事選挙で、造反した親方が辞めるだら辞めないだら、
ごたごたごたごたと問題がある中で

相撲協会にあらゆる抗議の電話が鳴り止む瞬間がなかったのではないでしょうか?

だって、ツッコミどころ満載だったもの。
普通の感覚では、ありえな〜〜〜〜い!な話ばっかりだもの。



こんなことになる前に、さっさと引退の引導を渡しておいたらいいのに、いまさら。



どうにも、不細工な結末です。


相撲界に、美しい明日はあるのか?
新理事に頑張ってもらいたいものです。
posted by はね吉 at 23:18| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

にげるな!

連日ののりP情報…
実は、もういい加減どうでもよくなってきてる、視聴者。

始めは、悲劇のヒロイン…
清純派らしい、すわ、親子心中か?!みたいな
お願い、とりあえず、無事でいて、とみんなが思っていて
「責任感が強いんだろうなあ」なんて思わせておいて

フタを開けたら、まあ、あっちょんぶりけな事実がゴロゴロ。

イメージなんてダダ崩れ。
ここまですごいんか、とただただ、呆れる。


心身が疲れて、医療の範囲でくすりに頼らないといけない人もいるので
声高に言うのははばかられるけれども

「元気になるから」
「明るい気分になるから」
「キモチヨクなるから」
「辛い気分を忘れさせてくれるから」
「痩せられるから」

いろんな理由で簡単にクスリに逃げていると

本当の自分の人生、ぜんぶから逃げ出したくなるぞ。
それも、この上なくかっこ悪い言い訳を
上から上から重ねて、どうしようもなくなっても
それでもいいから逃げたい、なんて

押尾にしろ、のりPにしろ、
上から目線でエラソーなこと言えてた、
あの頃の映像とか見たら
ホント、死にたくなるほど恥ずかしいぞ。

自分の守るべき、子どもだって授かっているのに、
自分の楽しみばかり、保身ばかり優先して
結局ほったらかしだ。
その子の責任をどうとってやるんだ…
ってゆうか、自分の責任もとれないようなところで
「こどもの声が聞きたい」なんて
今更逃げ口上に、子どもを使うな!!!!


ここまでくると、新たに出た供述!!とか
驚きの事実がっっっ!!とか出ても
もういい加減にして、な感じなんだけど

いかに人間として最低かをとくとくと書きたて、言いまくってもらったほうがいいのかもしれない。


まあ、ワタシも時々、酒で逃げること、ありますしね〜
へべれけに酔って、世界から顰蹙を買った政治家とか
へべれけに酔って、全裸で騒いで捕まって、何故だか仕事干されちゃって、さっきの政治家のトモダチな政治家に
「サイテイな人間だ」呼ばわりされちゃったアイドルとか

それぞれの立場で「酔っ払って」の失敗があって
それぞれで許される範囲なのかどうかが分かれるところではあるけど

「クスリに逃げる」のはどっちにしろ、だめ。
潔く罪を認めます、とか記者会見で、とかいくら言い訳できても
「クスリ」絡みは、ダメ。

さいてい。

せめて、逃げるな!と思うけど、
逃げたくなるのかな…
まあ、自分の人生から逃げたくてクスリに走るヒトなんだから
当然か。

さいてい、だよ。



posted by はね吉 at 22:58| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

こんな話ですみません

朝から爆笑してしまった話。



…人によっては眉をひそめる話題ですが…



朝イチでトイレに行っていた、旦那ちゃん。



なんか、満足のいくような結果だったらしい。


(なにが?………出具合、ってやつですね。ぼやかしておきましょう)




「おおっ、『ウンコ柱』が立っとる!!!」

「今日は縁起がいいぞ」



うぅ、『ウンコ柱』って・・・・



どうやら、「茶柱」のごとく、ということらしい。







だからって縁起がいい、なんてね・・・・





あんまり想像はしないほうがいいですよ。


こんな話がお好きな方ならいいですけど。





お嫌いですか?




「お好きですぴかぴか(新しい)
posted by はね吉 at 09:07| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

3連敗…

PTA主催の、献血に…

何日も前から鉄のサプリメント飲んだりしていたにもかかわらず


またもや、比重不足でアウト。


ヘモグロビンの量が
9.3g/dlと・・・(女性の標準値は11.2〜14.9)

明らかに、『貧血』状態かと言えそうです。


今年で、3年目、3連敗。

ちゃんと検査してみないといけませんね。
posted by はね吉 at 10:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

インフル疲れその2

新型インフルエンザ、まさか神戸に出てくるとは、思わなかったなぁ。

「水際作戦」で10日間も留め置かれていた人達の苦労を考えると、
ナンだったんだろう〜〜〜なキモチだろうな。

例にもれず、ワタシのすんでいる地区も「休校」になり、
あらゆる保育機関も受け入れを出来なくなり、
働く親たちはやむなく仕事を休んだり、
じじばばに預けたりしながら1週間を過ごしました。

シューカは山盛りの宿題と苦闘して(日曜4時半、まだできていない)
泣きべそかきつつやってます。


「なんでこんなに宿題出すねん〜〜〜先生のあほ〜〜〜」


「でもな、シューカちゃん。きっと先生は1週間学校で勉強するのと
同じくらいの量の宿題を出してるんやと思うよ。
学校でしてたらそうは思わないけど、
学校に行くだけでそれだけの値打ちがあるんでしょ。」

…まぁ、値打ちはそれ以上にあるだろうし、
それ以下になる場合だってあるだろうけど。

でもやっぱり、「学校に行ける」ってことは、
いいことだ。
押しなべて、いいことにちがいない。


阪神地区は、こういうパニックに強い、って言えるのかもしれんな、
ってつくづく思う。
今回の新型インフルに関しては、「騒ぎすぎ」な感じがしないでも
ないけど
『感染力は強いけど、弱毒性で季節インフルと同じ程度』
と知るや
「まぁ、なんとかなるやろ」でなんとか乗り切ってしまう柔軟性。
都合よくゆるゆるになる緊張度。
「鈍感力」ってこのことかな、とも思う・・・

実際、ウチのパート先の飲食店は、
孫をあずけられたじじばば様方が昼食に山盛りやって来ていたし。
マスク姿で来るけど、
みんなマスク取って食べるんだし。

マスクより、手指の消毒のほうが効果があるんじゃないか、ってんで
玄関に「アルコール消毒ジェル」を置いたりなんかして。

震災のことにしても、このことにしても、
ある程度の「避難生活(?)マニュアル」の叩き台を作っているような気がする。
もしかして、新型インフルも他の地域で起こっていたら、
もっともっとパニックしてたんじゃないか、とも思ったりする。

ウチは今年の冬のシューカのインフルエンザの時に買っていた
マスクやイソジンやアルコールがまだ残っていたので、安心でした。
消耗品だけど腐りはしないので、夏になって落ち着いたら
買いだめしておいてもいいでしょう。

・・・学校があるって、やっぱりたすかる。
子どもも、親も、じじばばも、・・・・
今週はみんな、本当につかれた。


ひきつづき、体調にはご留意くださいませ。
posted by はね吉 at 17:43| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

地デジ君…




任期はまだまだあるのに。

街じゅうのポスターとか看板とか、外されたりするんだろうな。



SMAP、そろそろ解散したほうが、いいのでは?



それにしても…



多分集団でいたのに
警察来たらほったらかしにされてたんでしょうね(T_T)


酒は飲んでも、のまれるな。
posted by はね吉 at 11:27| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

ががが、学年閉鎖ぁ〜〜〜?!

シューカのインフルエンザの続き。


土曜の朝から平熱に戻ったしゅーか。
24時間37度4分以下になっていたら、もう登校許可が出るんだそうで

月曜の朝、病院が開く8時半に間に合うように8時に家を出ました。
3番目というナイスな順番をとることができて、
ちょっと喘息のぜい鳴があるとのことで吸入をして

8時50分には学校に到着!!
体育の見学と給食の無理な完食はしないでね、と言って
仕事場に到着、間に合った!!

アフタースクールはお休みね、と言ってたので
仕事終わりで急いで帰り仕度をして、
さて、アフターに欠席の電話…と思ったら。


「2年生は学年閉鎖になって、自宅待機になりますよ」

・・・・へ?

がががが、学年閉鎖ぁ〜〜〜〜〜?!


家に着くと、ガレージで自転車にまたがって遊んでるシューカ。

「ああ、ちょっと待たせたね」というと


「ううん、掃除の時間が2年生は無かったから、1時間くらい待ってた」


いい、1時間もぉ〜〜〜?!


今時、自宅ガレージとはいえ
一人で遊ばせて誰一人オトナが家にいない、というのは
かなり、アブナイのではないか。

心配性と思われるのかもしれないけど、
仕事場にもそんな連絡が無かったので
それってどうなん、と思っている。
早く帰って来るなら、仕事早退してでも家にいないと、
もしもの時はどうしてくれるんだ!!


ひょっとして電話連絡網とか、まわったのかな…?

アフタースクールの子どもは迎えにくるまではアフタースクールに居たのかな・・・?


今になって、なんか納得いかん、と思っている。

…やっぱり、鍵をもたせておくべし、やった…。

それにしても、学級閉鎖ならぬ、学年閉鎖、ね…。

水・木・金と休んで、やっと学校に行ける、やっほ〜〜〜♪
と思っていたのに、

行った途端にまた自宅待機って。。。

お気の毒。



ほんと、皆さんもお気をつけ下さい!!
posted by はね吉 at 01:39| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

もの申す!!

ちょっと面白くて…

旦那ちゃんに見せたら、
「みんな、感じてること一緒やったりするもんやな」
って言ってました。

ワタシも、そう思います。



もの申す!:自民党総裁選/1 野中広務・元自民党幹事長
   (毎日新聞より)

 5人も立って迫力、緊張感がなくなった。麻生さんのしゃべり方は受けるかもしらんが、党員が本当にそう思うかどうか。

 華麗な家柄だけど、人を平等に考えない。国家のトップに立つ人として資質に疑問がある。

 安倍晋三前首相と福田康夫首相が辞める時、2度とも事前に打ち明けられたのに、善後策も講じないで一番先に自分が手を挙げた。幹事長の職責が分かっていない人だ。

◇総裁選候補に、その軸になる人は。
 ◆あえて言うなら石原伸晃(元政調会長)君くらいでしょう。

 ◇与謝野馨経済財政担当相はどうです。
 ◆政策は超一流で、できれば麻生さんより与謝野さんを勝たせたいけど、演説聞いてると声に迫力がない。やはり健康が心配だ。次の次の首相候補を視野に入れたら、石原君はここで登録しておくべき人間だと感じる。

 小池さんは頭のいい人なんだろうけど、時の権力者について上手に泳いできた人に一国を任すことはできないなあ。後ろに小泉(純一郎元首相の)再登板という絵が描かれてるんじゃないか。

 
 はね吉抜粋版です。

特にね、小池さんについてのコメントが一番効いてる。

「時の権力者について上手に泳いできた」ってね。
男ならそんなに嫌に思わないんだけど、
女性なだけにちょっと嫌だね。

信念を曲げずに刺客を差し向けられるような
根性のある女性政治家もいるわけで。


毎日新聞の「もの申す!!」は、
塩川正十郎元財務相、浜田幸一・元自民党衆院議員
片山虎之助・元総務相…と続きます。

それぞれに、考えてることが違うけど、
野中さんのが一番、庶民の感覚に近いかも?

posted by はね吉 at 00:10| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

呆れた偽装周辺



食品偽装が、まさかここまでひどい事になるとは
誰が想像したでしょうかね。


もう中国製のものをどやこや言えないですよね。


明らかに詐欺ですもんね。


それで得た利益って、なんなんだ。



それから

そのチェック機関の農水省が、やっぱりお粗末過ぎる。


担当の役人は自分の天下り先のほうが気になるみたいだし



大臣は失言を繰り返したり、こんな大問題なのに
「別にジタバタしてない」とか言って他人事で(「大物ぶってるのかよ!!」)


野田聖子が出てきて、バシッとタンカ切った途端に
(小池百合子より政治家然としてる。かっこいい。男前ッ)
担当外されかけて焦ってるが如く、あわてて謝罪コメント。



情けない。



情けないにも程があるぞ。


総裁選のお祭り騒ぎの一方で、
国民はどんどん冷静になって世相を見てる。


自民党だけでなく、霞ヶ関のあらゆる役人に任せられない、と思ってきている。




もうね、自民党総裁が誰になろうが関係ないなとおもうよ。
するならいっそのこと、大統領選挙みたいに直接選ばして欲しいわ。


なんか…息が詰るよね。


(>д<)
posted by はね吉 at 09:33| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

賽の河原

ようやく夏休みが終わって、シューカも2学期をたのしんでいます。
ワタシも、毎日のお弁当から解放されて…

今度は、連日の体育の時間(運動会の練習!!)のための
体操服洗濯に追い回されるワケですね。

「ひとやすみ」とか「休暇」とかが無い生活ですが
生きていれば仕方が無い、ことで。

安倍さんとか福田さんみたいに
ある日突然、

「やぁ〜〜〜〜〜〜めたっ」

とはいかないわけで。


「やめる」ことでちょっとラクになるかもしれないけど、
「失う」ものはもっともっと、途方も無くおおきいわけで。


…「純くん」口調になってますけど。



福田さん、「あなたとは違うんです」

うしなうものの大きさをしっかりわかってるんです。

新聞で
「女は、主婦として働くうちに^しぶとく^なっていく。
毎日「無」から「有」を生み出し、瞬く間にそれが「無」に戻り
無情に限りなく続いてく作業を繰り返すうちに
忍耐としぶとさを身につけていく」
・・・みたいなカンジのことが書いてあって

ほんとそうかも、と思う。

ご飯作り、洗濯、かたづけ・・・・
無惨にも「作品」は使用され、消費され、乱されていく。

なんか、「賽の河原」みたいだ。

ひと〜〜つ、積んでは母の〜ため〜〜
ふた〜〜つ、積んでは父の〜ため〜

「父・母」が「旦那・こども」だったりするだけで。
で、鬼がせっかく積んだ石の塔を蹴散らしていくんで
もう一度始めから積みなおさないといけない。

蹴散らしていくのは、鬼ではなくて・・・?


じっと手をみる、な毎日、
なんで頑張れるかってのは
「笑顔」だったり「団欒」だったり愛情だったり。

全然主婦としてまだまだなワタシですが
投げ出さないでがんばらなきゃっ、とおもっとるわけです。


まだまだ残暑と言える日々、朝夕の肌寒さもありますので
体調に気をつけてお過ごし下さいませ。



posted by はね吉 at 12:36| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

親父汁…

20080718211159.jpg


旦那ちゃんが島根の出張から帰って来た、お土産の缶ジュース。
その名も、

「ねずみ男汁」
「目玉のおやじ汁」


……………なんか、まずそうたらーっ(汗)


おやじ汁は茶碗風呂のぬるま湯っぽいし
ねずみ男汁は汗臭いプラスドブ臭な気がする。


よくみると、「汁」のルビに「ドリンク」とうっていて

どうやら

「おやじ汁」はユズはちみつ
(柚子湯だったか。冬至か。)
「ねずみ男汁」は甘夏みかん&八朔味らしい。


いくらそう書いてあっても
「おやじじる」「ねずみおとこじる」
と読んでしまって
ふっ と汗臭いかんじがしてふらふら

缶を開けることさえ躊躇われてしまう…


それって、あり?


間違いなく、缶はおいておきたいのだけど。



勇気、ある?
posted by はね吉 at 00:37| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

9年の歳月は

何度かこの裁判のことについて書いてきたのですが
「死刑判決」が出てようやく一つ段落がつきました。

重ね重ね出る感想は
遺族の本村さんの理性に満ちた言葉の尊さ。
もう、自分達のことだけでなく
社会全体のことにまで想いがおよんでいることに
深く尊敬の念を持ちました。


9年もの長い歳月、

「ひとつの命」

というものが
どれだけ社会に影響を及ぼす可能性を持っているのかを

切々と考え、悩み、訴えてこられたのだなあ、と思いました。

「命を賭して」

ということが
どんなことかということを
身をもって示してこられたなあ、と思いました。


「命」に
誰よりも真剣に向き合ってこられたんだろうなあ、と思いました。



人の命も
自分の命でさえも
軽く見て簡単に殺してしまう世の中。

まっとうな…「全うな」
社会や生き方ってどんななんだろうって
もう一度よく考えなきゃ、って思いました。

9年の歳月は
「被告元少年・福田」をどのように変えたのでしょうか。
そして
これからどのように変っていくのでしょうか。

せめて

「自分の持つ命の意味」を考えて
命を全うして欲しいものです。


posted by はね吉 at 01:24| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

障害物リレー

朝の情報番組「トクだね!」で

北京五輪の聖火リレーについて

「聖火リレーというより障害物リレーといったカンジになってきましたが」

って言ってたのに

ウケたウケた!!!

あらゆる妨害が聖火に襲い掛かってくるみたいですね。
自虐ネタですけど
中国の「Vii」で
「無事に聖火を聖火台にともすまで」の「障害物マラソン」の
ゲームなんか開発したらどうですかね。

売れるよ。かなり面白いと思うし。

どうなる北京五輪。

野村は落ちて谷は代表。
納得いかん。

砲丸作りをボイコットしたおじさんの潔さ。

どうなる?北京五輪。



・・・・・大阪五輪だったら、どうなってた?

・・・・・大阪府の赤字はどっちにいってた?


何にせよ、寝転がってテレビを見てるだけのワタシ。


posted by はね吉 at 00:55| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

インフル陰性。

え〜。

シューカのインフルエンザ騒動ですが
不可解な解決です。

結論から言うと
インフルエンザは陰性でありました・・・

30日の夜から38度台の発熱をして
31日に受診、インフルエンザの検査をしたら
「まだ初期なのか判定は出来ませんでした」
けど
29日にインフルエンザに罹った子どものいるお家に
訪問したこともあったので
感染している可能性もあるので

疑わしきは有罪?じゃないけど
「インフルエンザかもね」型として治療を開始しました。

タミフルを3日ぶん。
(タミフルは菌の増殖を抑える・叩く効果があって、感染していない状態で服用しても害はないです、との説明あり。副作用の云々はいったいどうなんだろう…?)
扁桃腺も腫れているので、そっちに効く抗生剤3日分。

31日はスグに服用したにもかかわらず
40度を越す発熱。
熱冷ましの座薬を2回使用。
1日、39度台をウロウロ。さすがに「タミフル効いてないんちゃうんむかっ(怒り)

とツッコミをいれたくなる。

2日、やっと37.8〜38.8度位に落ち着いてくる
でも、処方してもらった薬は今日で飲みきってしまう。
3日は祝日で病院はやってないぞ。
ぶりかえしたら熱冷ましだけでは乗り切れまい・・・

と、いうことで嫌がるシューカを引きずって行ってきました。
(インフルエンザ検査で綿棒を鼻の奥につっこまれてグリグリされたのでびびっている)

診察の結果、
熱が長引くのはインフルエンザではなく、違う原因がありそうだ
ってことで

「マイコプラズマ肺炎」かもってレントゲン撮って
それも異常なし

最終的には

「何かわかりませんわ〜」


って〜

まあ、正直にそんな言い方する先生なんだけどね。

だから、「インフルエンザは陰性ですから、熱さえ下がれば月曜日から学校行っていいですよ」
「登校許可書は」
「無くて大丈夫です」

ははははは〜たらーっ(汗)

薬の処方を違う抗生物質にして、ようやく効いてきたみたいです。
やれやれ。

「騒動」そのものでした。

そして、3日間仕事を休まざるを得なかったワタシに対して旦那ちゃんは

「3日も仕事休んだから、肥えたんちやうか」だとぉexclamation&question

まさに踏んだり蹴ったりな1週間だったわけです。

しかし、最近のインフルエンザは不気味です!
予防注射も馬鹿にならない値段だけど、
やっぱしうっといたほうがいいみたいですよ!
posted by はね吉 at 11:46| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

罪の意識って

「たかじんのそこまで言って委員会」で
死刑廃止論者の意見を少し聞きながら
うむむむ・・・と考え込んでしまった。

人が人を裁くことは出来ない
(出来るのは神・仏のみ、ということなのか?)

被害者の代わりに国家が仇討ち…殺しても、遺族はうかばれることはない
少年事件は「青春のひとこま」

人が人を裁くことは出来ない、ということは
宗教的に考えると是なのかもしれんけれど
あとのことって「何ふざけたこと考えてるんや」
って考えてしまった。

廃止論者は「どんな世の中」を望んでいるんだろう、って。

高尚すぎて…一般の人には理解できんのかもしれない。

でもそんな世の中作ろうと思ったら
全ての人がお坊さんとか修道女とか
悟りきってつきぬけた人ばかりにならなきゃ無理、と思う。
で、そうなると自然
死刑に値するような犯罪そのものがなくなってると思うんですけど。

光市母子殺害の福田みたいに
池田小児童殺害の宅間みたいに
「なんでそこまで悪意にまみれることができるのか?」

こっちが気分が悪くなるような人は
出てこないと思うんですけど。

そんな世の中、絶〜〜〜〜〜対、ムリ!!!

罪の意識って
人それぞれレベルが違うんだもん。
同じ「いじめ」にしても
いじめていた本人がケロッとしていても
傍観していた人のほうが
一生気に病んでいたりするわけでしょ…

人が交通事故で亡くなったとして
死に至らしめてしまった、と結婚もしないで
遺族のために送金し続ける人もいれば

飲酒で逃げて、証拠隠滅のために水飲んだりして
裁判のときには
「被害者側の運転手も居眠り運転をしていた」なんて言ったりして
ずっと逃げよう、逃げようとする人だっている。

罪の意識って
どれだけ「向き合うか」かと思う。

傷つけた相手の苦しみについて。
傷つけた自分の愚かさについて。

向き合って見つめ続けた結果
自分を見失ってしまう人もいるけど・・・

逃げてうそぶいているような人に比べれば
まだ人間らしい気がするよ。

posted by はね吉 at 00:46| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

そこまで言って委員会

今のところ、一番楽しみにしているテレビ番組は
よみうりテレビの

「たかじんのそこまで言って委員会」

です。

似たようなところに、テレビ朝日のたけしの「TVタックル」…なのかな?と思うけど(三宅さんがでてるから)

数倍面白くて数十倍危険なトコロがいい。

たかじんが吠えるのではなくて
抑えにまわっているところが、面白い。

今日は「死刑廃止論者」の弁護士を迎えての
真っ向対決!!!!


おっもしろそう〜〜〜〜〜〜!!!!

今から見るぜ!
posted by はね吉 at 13:38| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

いじめの認識

「いじめがあったとは認識していない」

ってよく使われるけど
これはいじめだ、と認識するのは被害を受けているほうが決めること。
ふざけて、じゃれあっているつもりでも
されているほうが不快であれば
いつか「いじめ」に育っていくんじゃないのか。

「しごき」だ、「かわいがり」だっていっても
死んでしまうまで続けるのは
リンチで暴行殺人じゃないのか。

なんか、売春・買春を「援助交際」に言い換えているのに似てないか?

「言ってることより、やってることのほうが、真実」
posted by はね吉 at 15:27| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

ポキッと?

安倍総理の突然の辞任。
「心身ともに疲れ果てて、ポキッといったんだろう」
とは、ある自民党員の弁、らしい。

朝青龍も、「ポキッと」いってしまって、モンゴルに帰っていった。

朝青龍のそれとは全然違うとは思うけれど
横綱にしろ総理大臣にしろ
「ポキッと」いってしまうはずもなかろうと思っていた人達が
あんな簡単にいってしまっていいのかしら、と思った。

個人を「ぽきっと」いかせる要因には
本人の資質もあるけれど
周りにいる人達の対応のまずさが
引き金になっているように思うなあ…

そういう意味では
安倍さんはちょっと可哀相な環境だったような。
おそらく
政治家の値打ちがまだ高くて、
国際問題もここまでややこしくなくて
『改革』の必要もまだ無い時代の
(おじいちゃまやおとうちゃまの)
そんな時になら
坊ちゃまにもやりたいことを悠々と出来たのかもしれませんよね

っていうか
そんな時代だったら
「ポキッと」いくなんて許されないんでしょうから
登りつめることもなかったかもしれませんが

疲れ果てている方に、こんな事をいうのは酷なんですけどね。


朝青龍は…引退したほうがいいですよ。
横綱なんだし。
posted by はね吉 at 00:38| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

いい加減にしてくれ。

いったい、何考えてるんだか…

光市の母子殺害控訴差し戻し審。

当時18歳と1ヶ月だったから『少年事件』なんだけど
その残酷さから「無期懲役」は不当とされての差し戻し。

「死刑」やむなし。ってことだったんだろうけど。

ここにきて、被告元少年(っていう言い方もどうかと)が
ひょっとしたら死刑になっちゃうのかもって急に反省しだしたようなところもあるし
弁護団はわけのわからない反論だか言い訳だか出してくるし

真実を確かめたいのに、かえって引っかきまわされてますね

蝶ちょ結びとか、復活の儀式とかドラえもんの4次元ポケットとか
だんだん刑法39条キワキワになってきたように思うけど

それを平然とまじめに話している被告や弁護団が
キモチワルイ…
生理的嫌悪感、でしょうか。
本村さんが怒りに震えるのを抑えながら意見されているのをみるたび
事件概要をきくたび感じてきたことですが…

でも、

このキワキワ作戦を出してきたことで
報道がちょっと抑え気味になりそうな気もします。
その、狡猾さといったら!

ほんとうに、いやな事件です。
底なし沼みたいな、人間の悪の部分を見せ付けられているようで

滅入りますよね…
posted by はね吉 at 01:49| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

す、すみません

なんやかんやいって、また更新せず。
「どやねん」はこの、ワタクシめにむけたツッコミ…

今朝、とり梅のおっちゃんからtellで
「TBがえらいことになってるよぉ〜!!」
と教えていただいてやっと気が付いた、みたいな事態になってました。
す、すみません〜

1年のうちで、なぜかこの月はオチてるなあ、とかモチベーションが低いなあ、とかってこと、ありませんか?

ワタシはどうやら、5月らしいんです。

単に、「5月病」と言ってしまえるのがちょっとシャクなんですけど

5月に失恋とか事件とか失敗とかで凹んでること、多いです。
むかしっから。

去年もむっさ凹んでたなぁ・・・
随分ひきずったし。

今年は気持ちにちょっと折り合いをつけて、
それから新しい環境やら1年生やら運動会やらで
凹むというよりは『余裕が無かった』ってかんじでしたが。

で、関西人にはあるまじき、

「探偵ナイトスクープ」を見られずに寝てしまう

なんて失態をかましてまいました。
反省・・・

ハナシ跳びすぎ、で怒られてしまいますが

陣内・紀香の披露宴、感動でしたね〜
いまだに、あのVTRを見ると涙が出てしまいます。
生田神社での挙式もそうだったけど
バージンロードを歩く二人は
「美しい母と七五三の子ども」に見えて…

でも最後、挨拶をする陣内くんはしっかり、
「妻・紀香」を守る夫になったんだなあ、と思わされました。

結婚するまで、結婚式直後は
いかに相手を喜ばせようか…と心をくだいていたように思うのですが
次第に「これはしてもらって当たり前」とか「〜してくれなくて」とか不満を言うようになってしまうのですね

必死?なピアノ弾き語りをみて、
羨ましい…とちょっと思ったり反省したりしました。

したら、旦那ちゃんが

「今年も、出張中やナァ…」って言うのです。

「なにが?」と思ってしまった、ワタシ・・・
口に出さなくて、よかったあせあせ(飛び散る汗)と焦ったけれど

そうそう、我らの結婚記念日。
出張と重なっていなかったとしても、別段記念日イベントはしないんですけど
でも、カレの頭のなかに、「記念日」として覚えてくれている、というのは
驚きのような、感謝のような、そんでもって
「なにが?」と忘れかけていた自分の反省と…

やっぱり、「どやねん。」は自分にむけてのツッコミでした。

大切に、しなきゃ、ね。
posted by はね吉 at 00:08| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

ぜひ視察にいらっしゃいませ

数日前に書きました、東京都知事についての記事です。

東京都の石原慎太郎知事が、3選を果たした直後の8日の記者会見で、
阪神大震災(95年)について
「(自衛隊に派遣要請する)首長の判断が遅くて2000人が死んだ」と発言したことに対し、
兵庫県の井戸敏三知事は9日、「いいかげんな議論はしていただきたくない。誠に失礼だ」と不快感を示した。
 井戸知事は「阪神大震災の問題は、不意打ちだったということ。犠牲になられた方はほとんどが圧死だった」と指摘。
「自衛隊派遣の有無と犠牲者の数は脈絡のないこと(提供:毎日新聞)


これについてはさまざまな人が遺憾に思ったはずです。

「俺だったらすぐにでも自衛隊の出動要請をして、被害者の拡大を食い止めることが出来るぜ」
って言いたかったんでしょうね。
「俺は必要なときには迷わずに判断して行動できる男だぜ」
って言いたかったんでしょうね。

なんだか悔しくて情けなくて、腹立たしくて

なんでかっていうと
あの地震で人生の変ってしまった人がいっぱいいて
苦しんだ人がいっぱいいて
そのなかで
助け合ったこと励ましあったこと
それで12年、復興に向けて頑張ってきたこと

みんな誰も忘れずに
忘れられるはずもなく年を重ねてきているのを

そんな見当違いの一言で
だからこの地震からの積み重ねを
なんて言おうとしたんだろうって

そしたら、こんな新聞記事を見つけました。

記者の目:石原・都知事の阪神大震災発言=小園長治(豊岡支局)
 ◇根拠、ぜひ聞かせてほしい−−遺族・被災者へ説明責任

 石原慎太郎・東京都知事が3選直後の記者会見で、阪神大震災について、「首長の判断が遅くて2000人が死んだ」と述べた。神戸・ポートアイランドの自宅で震度7の直撃を受けたあの時のように心が震えた。当時神戸支局員で、その後もずっと震災にこだわってきた私だが、初めて聞く数字だった。石原知事は同じ会見で、「(選挙中)陰湿に根拠のないバッシングをされた」と、「根拠」にこだわり、不満をぶつけている。ならば、きっと、自分の発言には根拠があるのだろう。ぜひ聞かせてほしい。知事には震災遺族や被災者に対し、説明責任がある。

おそらく、石原知事は、当時の兵庫県知事、貝原俊民さん(73)の登庁時刻と自衛隊派遣要請時刻を問題視し、「オレなら違うよ」とアピールしたかったのだと思う。これについて貝原さんは「石原さんは、とんでもない見当違いをしています。あぜんとしました」と驚きを隠さない。未曽有の地震で災害対策本部の責任者をした者として、自衛隊派遣要請の早さと、犠牲者数の多さを安易に結びつけようとする考えに、違和感を覚えているようだ。
確かに、貝原さんが県庁に到着したのは午前8時20分ごろで、地震の発生から2時間35分後だった。自著「大震災100日の記録 兵庫県知事の手記」(ぎょうせい)で、「どうにかして早く登庁しておればとの悔いは今も残る」と率直に反省し、心情を吐露している。

 しかし、当時、神戸は電話回線がズタズタになっており、貝原さんの官舎と県庁がつながったのは、ようやく7時過ぎだった。「110番に電話しても通じないので、単独で登庁することも考えたが、優に40〜50分はかかるだろう。その間、音信不通のまま、私が所在不明となるわけにはいかないし、公舎が県庁の次に連絡がとれやすい場所なので、状況をある程度把握できるまで連絡を待った」と、公舎待機の理由を書いている。難しいが、一つの判断だったことは間違いない。

 自衛隊派遣要請が遅れた最大の理由も、通信機能のマヒだ。午前7時ごろに県庁入りできた私は、官舎の貝原さんから指示を受けた職員が、懸命に自衛隊と連絡をとろうとしている姿を見ている。初めて交信できたのは、午前8時10分。ただ、被災状況が不明なため、出動準備だけを依頼しており、正式な「出動要請」は、姫路市に駐屯している陸上自衛隊第3特科連隊と電話が通じた午前10時となった。

兵庫県は地震から100日目に「自衛隊への感謝の集い」を開いた。自衛隊が被災者をさまざまな意味で助けてくれたことは、万人が認めるところだ。しかし、大震災から命を守るもの、言い換えれば防災・減災の要は建築建造物の耐震化であり、人命救助は「自助」「共助」「公助」の順に進むものである。石原知事は、この阪神大震災の教訓素直に受け取り、対策を誤らないでほしい。
毎日新聞より

傲慢な人に素直に受け入れてもらえるのかどうか
皮肉を言ってるくらいにしか聞こえないでしょうか。

多分、聞く耳を持たないように思うんですけどね。

4月9日付けの「新そのまんま日記」に都知事選について書いてあったのですがそのことについても、「田舎モノがいい気になって」なんて言っちゃったそうですね。
東京以外の人は、音がするくらい、ブンブン首を縦にふってたと思うんですけど。

けれど、本当に震災について認識をちゃんとしておかないと、
エライ目にあいませんか?
一度、視察にいらっしゃいませ!



posted by はね吉 at 00:45| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

残念なコメント

選挙運動の最中に卑劣な銃撃事件によって命を落とした
伊藤一長前長崎市長。

後任を決める市長選は伊藤市長の娘婿と元市職員の事実上の一騎打ちとなり
「市長後継・世襲」や「県外出身」が反発されたかたちで
元市職員の田上さんが当選、就任した。

平和の街、長崎でのテロということでワタシもこの事件にはショックを受けたし、伊藤さんの死を悼んだ。
「弔い合戦」になって娘婿の陣営の選挙運動には
「気の毒なきもち」も手伝って
「がんばれ〜」と思っていました。

でも、それとこれとはハナシが違うんですよね。
ちゃんと、長崎市のために…と働いてくれる人を
(情に流されることなく)ちゃんと選んだ長崎の人達はエライ、と思います。

それより、

すごく残念な、思慮に欠けるコメントを読んで
「この人でなくて、よかった」って思いましたよ。

その一言で、
前市長の顔にも
休職して(ってところが潔くないけど)まで担ぎ出されて
「自分のいたらなさ、力不足です」って責任をかぶることになってしまった
旦那さんの顔にも
しっかり泥を塗りつけてしまったように思うんですけど。

「伊藤一長はこの程度の存在でしたか。
父は浮かばれないと思います。残念です。父の愛する長崎で
こんな仕打ちを受けるとは思いませんでした」


・・・は?

・・・こんな仕打ち、って。

「伊藤の血は市長をするための一族なのだぞ」
「ここまで長崎のためにしてきてやったのに、」
「恩を仇で返したな」

・・・って言いたかったのかな。


確かに、気の毒ですよ。
でも、だからってあんたの旦那が市長をするっていうことにはつながらない。
お父様も、「何を思い上がったことを言っているんだ」って
お嘆きではないでしょうか?

いくら辛い状況のなかでも、
ヒステリーに陥ることなく、
よく考えて発言しなきゃいけないなぁ・・・

と、勉強した次第です。

新市長の田上さん、がんばって!!



posted by はね吉 at 23:46| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

3選はしたけれど

東京都知事。
石原慎太郎さん。
前々から、歯に衣を着せぬ発言でワタシは
どっちかというといい印象は持っていません。

この度の都知事選では日ごろの過激な発言は影を潜めていたそうで。
どうやら、それも作戦だったようですね。

どなたかが
石原さんの考え方は過激で傲慢で
なんていってらっしゃったようですが

これには、心底腹が立ちました。

東京都の石原慎太郎知事が、3選を果たした直後の8日の記者会見で、
阪神大震災(95年)について
「(自衛隊に派遣要請する)首長の判断が遅くて2000人が死んだ」と発言したことに対し、
兵庫県の井戸敏三知事は9日、「いいかげんな議論はしていただきたくない。誠に失礼だ」と不快感を示した。
 井戸知事は「阪神大震災の問題は、不意打ちだったということ。犠牲になられた方はほとんどが圧死だった」と指摘。
「自衛隊派遣の有無と犠牲者の数は脈絡のないこと(提供:毎日新聞)


不謹慎かもしれませんが
もし関東で災害があった時に同じようなことが言えるのですか。
阪神淡路大震災のような地震は日本でも世界でも
これまでに無かったくらいの直下型地震で
しかも本当に震度3以上の地震なんて経験したことも
来るかも、なんて予想もないところに
しかも、まだ夜も明けきらないような時にきたのだから
まさに、不意打ち、だったのだから

簡単にそうやって括りにするのは
いかがなものでしょう・・・
日本の、いわば中心地の最高責任者の発言としては
あまりに簡単に考えすぎではありませんか。

ほんとうに、
震災に遭われたひとりひとりに
愛する家族を失った方ひとりひとりに
逝かなければならなかった方ひとりひとりに

失礼です。

posted by はね吉 at 23:26| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

ハエが1匹30円ナリ

暖かくなってからのストレスの一つに害虫との闘いがありますが
お金もうけの手段になるなら、それも楽しいものになるのでしょうか?

世界ビックリニュースより
北京で、料理店の元経営者郭さん(60)が、来年の五輪に備え街を美化するために、ハエを1匹2元(約30円)で買い上げるキャンペーンを行っている。北京青年報が4日、報じた。
北京市当局は、五輪前に市の環境を整備するため、痰を吐くこと、ゴミをポイ捨てすること、行列の割り込みをすることを取り締まるキャンペーンを行っている。郭さんは自分の活動もそれに含めて欲しいと願っている。

「ハエを買い取ることが最終目的ではないのです。みんなにハエを殺していただきたいのです」

毛沢東は1950年代の「大躍進」期に、ハエ、カ、ネズミ、ツバメを駆除する「除四害」キャンペーンを行った。

郭さんはこのときの標語に手を加え「無蠅新北京,無蠅新奧運(ハエのいない新しい北京、ハエのいない新しいオリンピック)」を訴えている。


私財を投げ打ってキャンペーンに参加しようとする意識は素晴らしいのですが
途方も無い話で、ちょっと気の毒な気がします。
北京の人が全員こんな気になったとしても…

世界ビックリニュースより
[北京 4日 ロイター] 中国江蘇州南京で、6階のベランダから転落した女性が、ウン良く積み上げられた排泄物の上に転落、命が助かった。地元メディアが報じた。


こんなことが一つの国の中にあるんですもん。

北京オリンピックを成功させるために、中国全土で意識改革を、
ってことなんですが
なんか、すっごくたいへんなプロジェクトじゃないのかなぁ
ひょっとすると「オリンピック」そのものよりもたいへん。

まぁ…開催されるころに
ちょっと虫が多くても、あまり文句を言わないように…
各国の事情ってもんもありますから…
そのへんは大目に見てあげて欲しいもんです。


posted by はね吉 at 17:53| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

ストレス解消法は?

ストレスを撒き散らすヒトっていませんか。

やたら「イライラするわ〜」と言ってる人。
それを聞かされて使わなくてもいい気を使わせられてしまうのは、回りの人達だったりします。

思ったことをまんま、心の中でワンクッションおいてから…とか
思いやるとかのフィルターをかけることなく言っちゃう人。
「だって、はっきり言わなかったら伝わらないし、
こっちも気持ち悪いやんか〜」
なんかついでに「悪意」みたいなものまで伝わって来たりします。

自分の精神衛生には敏感なくせに、
他人のそれには一向に無頓着で
そのくせ結構自分は受け入れられてるなんて思ったりしてるヒト。

30代過ぎても、「態度が生意気やねん」って文句つけるヒト。

おまいはちゅーがくせいかっ!!


人生、いろんなヒトとの出会いがありますわね。
反面教師との歓迎出来ない出会いもありますわね。
人生勉強、、といいつつ、正直シンドイ。

愚痴っていると自分を下げてる気もするし。

前に
お姑さんが「罪の無いことにツッコミをいれて発散する」
という解消法を教えてくれましたが

そのストレス発生器である「そんな人」がいる間はどうしたもんでしょうね?
「ハイハイ」「そ〜ね〜」と
右から左に受けながすぅ〜♪でいったとしても
状況は変らないんですよね。

なんかいい対処法はありませんかね?

タグ:ストレス
posted by はね吉 at 00:53| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

ウソじゃないよ!

今日はエイプリル・フール。
何か面白くて罪の無い(?)嘘ってないかなあ、と考えるのですが
そう、気の利いた嘘なんて考え付くもんじゃないですよね。

そしたら、こんなニュースを見つけました。

4月なのに31・8度!静岡で今年全国初の真夏日 YOMIURI ONLINE


「ウソッ!」って言いたくなるような、ホントの出来事。

でも、このごろ(事件で、が多いけど)
「ウソッ!!!」って思うような本当の事件や出来事が多いですね。
想像の範疇を超える異様な、とか悲惨な、とか。
そんなことで毎日ビックリしているので

せめてエイプリル・フールくらいは
平和な嘘や、笑える嘘で心穏やかに過ごしたいものです。

ほんと、毎日がエイプリル・フールだったらいいのに…
って
現実が恐くなるときがあるよ・・・
posted by はね吉 at 20:50| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

seesaaなんとかしてくれ

え〜。

「エロカワ」の炎上?被害者です。
そのことについて書いたら、リンク元が
もっと際どい語句になってやってきました。
「援助交際」とかさ。「出張ホスト」とかさ。

もう、seesaaブログやってる人は何処も同じ事態になってます。
あと、ヤプログと。

何かのトラブルでしかないです。

ほんっっとに迷惑むかっ(怒り)
posted by はね吉 at 02:52| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

不健全家族ですか。

やっぱり、出ましたね。
やっぱり限界でしょう。
柳沢さん。

ワタシどもは、結婚して6年目にして
婦人科系の病気を乗り越え
不妊治療の辛さを味わって
やっと、
本当にやっとの想いで

たった一人ですが
子どもを授かることが出来ました

母乳の指導を受けているときに
お医者さんは言いました

「次のお子さんをお望みなら、
一刻も早く子宮を回復させる為に
母乳はしばらくしたら中止したほうがいいですよ」

そんなこと、可哀想でできませんでしたよ。

たしかに、子どもが授かるためならどんなことでもしようって思いましたけど…
次の子のために、この子が我慢をしなければならないって
なんだかなあ…と。

まぁ。。。色んな状況・事情が重なって
第2子を授かることは出来ませんでしたけど
たしかに不健全な理由もあったかもしれないです
でも。

やるせないですよね…

たくさんの人の営みを見つめる事無く
一つ一つの生き方・暮らしを見つめる事無く
数字で
バッサリと区別するようなやり方には
どんな耳に聞こえよい言葉を使っても
温かみを感じません。
心に響いてきません。

想像力の欠如を感じますね。

柳沢さん、
不健全であるとしたら
その考え方のままで政治をして
国民を導こうと、統率できると思っている
そんな政治家がそうじゃないですかね?

posted by はね吉 at 02:35| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | どやねん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。