2010年03月09日

なごり雪

奈良のお水取りも始まって、もうすぐ…もう、春、という今日この頃。

店でも暖房を切り、メチャ混みの昼のピークなんかは
高めの冷房やドライ運転だってしていた今日この頃。


今朝は予告していたとおりに、グッと気温が下がりましたね。
そして、1日中雨、の予報。



でも、子どもが登校する時間…雨は雪になっていました。




なごり雪、だぁ・・・・



あの名曲の刷り込みなのか、
ちょっとしんみりした気分になってしまうのは、何故なんでしょう?





東京発の列車で、「汽車」はないだろう、なツッコミはしないことにして、

やっぱり「なごり雪」は名曲なんだろうな、と思う瞬間。


多分、学生時代を東京で、とても仲の良い男子(彼、じゃない)と
かけがえのない、キラキラした青春を過ごして

彼女は、卒業か何かをきっかけに故郷に帰っていく。


男友達にはほのかに好意を持っていたけれど、
結局言い出すこともなく…というよりも
まさか、今、そんな気持ちが自分にあったなんて、と気付くような。


見送りに来てくれたその友達も、
ひょっとすると同じ気持ちなんだろうか。
いつものような、冗談と軽口の応戦のような雰囲気にはならずに
不自然な静かな時間が流れている。

そんな気持ちを見透かすように、雪が降り始める。

どんな季節でも、どんな天気でも、
二人の間には
さんさんと太陽が降り注いでいるような明るさがあった。
立ち止まって、瞳の奥に
何を思っているのか、と覗き込むような
そんな瞬間も持たないままで来た。




「・・・・今になって・・・・」


聞こえないくらいの小さな声で、囁いてみる…


さようなら、は結局、照れくさくて言わずにいる。
でも、「またきっと、会いに行くから」も言わずにいる。

車中のひとに、目を合わす事もなく、
笑顔を作って手を振った。
いつまでたっても子どもなのは、自分のほうだ…


君は、綺麗になった。
去年より…いや、別れる寸前に気がついたんだ。
自分にとって、誰よりも、彼女は綺麗で、輝いていた、と。



posted by はね吉 at 10:10| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと詩的? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

別れの前に


どうして、別れの間際になってから、

その人の大切さがやっとわかるんだろう


普段何でもないときに、
もっと親しくなる時間が
あれほどあったはずなのに

別れを意識した途端に
何でもない仕草や言葉が

突然懐かしい、愛しいものに感じるなんて


人間はなんて
縁や、絆に
無頓着で不感症なんだろう…


もう、会えなくなる
感傷がそう思わせているだけだろうか


もし、結べるはずの縁なのなら
臆せずに手を差しのべて
見つめて、抱きしめる

あなたの 心に
近いところに わたしはいる

どんなに離れても
どんなに遠くても

わたしはあなたと共にいる
ともにいるよ、と。
posted by はね吉 at 23:06| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと詩的? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

予感



思い違いかもしれないけれど

ふりそそいでくる光や
そよぎかけてくる風が

なんだか優しすぎるような気がして



新しい何かが
やってきている


そう予感している私の心は
なんだか落ち着けないでいる



このおとずれを待っているのは
ときめくような、ためらいがある

心を揺り動かしていることが
独りよがりの道化ではないかとの
おそれ



だから


うっとりとするような
優しい光や風に

わざと気づかぬふりをする私


posted by はね吉 at 01:23| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと詩的? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

同居してる。

シューカが

お風呂いい気分(温泉)に入っているときに

「お母さんの心の中には、ナイショの箱プレゼントってある?」

って聞いてきた。


「(ナイショのはこ?か、かわいい)…あるよぉ。」

「どんな大きさ?」

「う〜ん、けっこう大きいかナァ。」

「シューカのも、けっこう、お母さんより大きいで。」

「どんなナイショがはいってるの?」

「…それ言うたらナイショじゃなくなるやん〜〜〜ダッシュ(走り出すさま)

「そか。(笑)」

まあね〜レンアイとか揺れるハート



れ、恋愛ぃ?!



「あふれそうになったらどうするの?」

「ん?心のコビトさんがまたつくるから大丈夫。」


…こ…コビト…カワイイ…

最近、いっぱしに大人のようなセンテンスを
うっすら雰囲気だけの理解で使いたくなるらしい。
イミは全然違ったりするんだけど
だから結構笑いをこらえてしまうこともある。

あんまりな間違いは訂正してあげるけどね。

「心のコビト」や「ナイショの箱」はこどもこどもした発想だけど
そこに「レンアイ」が突然絡んできた。
ちとビックリである。

こどもとオトナが同居してるな、なんてときが
ついにやってきたんだな…と

しみじみしてしまった、母でありました。
posted by はね吉 at 00:13| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと詩的? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

まだ…

あれから

自分の時は止まったままなことに

目を背けていた




でもわかってた

忘れないこと。
忘れられないこと。



自分の時は止まったままでも
まわりの時は止められ無いこと




忘れたふりをしても
突然涙が流れるのは


あの時のあの場所で
待ち続けているから


早く昇華したいと願うのに
諦めきれずに
待っているから


カササギの
飛んで来るのを
信じているから


笑うでしょうか
恐れるでしょうか

向こう岸に
もう立っていないはずのあなた


待つだけで待つだけの

わたしの
切ない繰り返しを


〜さだまさし「かささぎ」へのオマージュ〜
posted by はね吉 at 00:18| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと詩的? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

よのなかのために

ほんとうにほしいものは なに?
ほんとうにしたいことは なに?

なんかいも ふるいにかけて
いらないものや きたないものを そぎおとして
ついでに
じぶんだけがうれしい そんな みみっちいものも

ほんとうにうれしいことは?
それから
ほんとうにつらいことも かんがえてみて

温かな風と光の降りそそぐ中で
目を閉じ
息を整え
心を開いて
耳を澄ましてみる

ほしいものは?

「笑顔」

あなたの
みんなの

そのためにわたしはなにができる?
なにをあげよう?

「笑顔」

やっぱり それがすべての わたし

posted by はね吉 at 01:54| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと詩的? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。