2010年04月02日

桜ですね

100402_150241.jpg



どちらかと いうと 七分咲きが 好き




満開はおいといて、
散り始めも好きですね…


三寒四温が激しくて、アタフタしているうちに
いつの間にか咲き始めていた桜たち……
posted by はね吉 at 18:25| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱた川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

温いなぁ…

めっちゃあったかい大寒、めっちゃ寒い立春だったので
もう驚かないですけど

今日の温いことといったら!!


思わず半袖、です。


調子狂うのもここまでくると、自然と順応しそうです。


まぁ、心配なのは、バンクーバーと花粉、位のことですかな



(花粉症ではないけれど)



そこで一句。





ぬくすぎる 慌てて一枚 脱いでいく


でもまた雨で気温は下がるらしいよ。
風邪に気をつけて…。
posted by はね吉 at 13:19| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱた川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

もうすぐ2月

…って気が早いですかね?


暖かい日寒い日がごちゃごちゃしていて
調子狂いがちな今日この頃です。


一応風邪もインフルエンザにもなることなく
平穏な毎日…



そこで一句。




早いなぁ 正月ボケで もう2月


ワタシらしいか、と。
posted by はね吉 at 17:19| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱた川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

寝だめ


今日は朝から省エネモードでした

ってか、ずっと寝てた、に近い。


ほんこんさんが出てる吉本新喜劇で、シベリア文太が早口なわりに滑舌が超悪くて、
ほんとに何言ってるのか解らないけど、
ほんこんさんの絶妙なるツッコミですごく笑ったりしたけど
(シベリアさんはプチブレイクありかも)


あとはうたた寝の昼下がり…



それだけ寝てたらもう眠たくないか、ってと、まるで逆で…



もう、普段睡眠時間が5時間以内なだけに
「寝だめ」のつもりなんだろうか?

そこで一句。




クラシック かけつつ寝だめ カンタービレ



お粗末…………
posted by はね吉 at 01:08| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱた川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

大寒


MBSラジオの
上泉さんの「ええなぁ」で
天気予報士の今出さんが「ゆる川柳」というのをやってて、
(「ぱた川柳」はそこをヒントにしました)

ほんとに、
「ゆる―――――――――――――――い」
感じの、その日のお天気に関する川柳を発表しています



今日のは、つい笑ってしまいました




あったかい こんな大寒 あったかい




ゆっる――――――――――――っ!!




でも好き。

今出さんのかく書が、なかなか良い味わいのある字で、
大好きです♪
posted by はね吉 at 19:09| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱた川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

いのち



ここもみな 横取りしつつ 在る身体



生きている、他の生き物の命を
頂いて、生かされている、ワタシの命



ありがとう、いただきます



声に出して言わなければ…
posted by はね吉 at 09:46| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱた川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

殺し文句

夜遅くに帰宅した旦那ちゃん。

卓袱台と、ホットカーペット、まくら、毛布、の4点セットの
這いずり回る生活スタイルの我が家の居間で
(決して「リビング」などという表現の似合うことのない空間)

ごろ〜〜〜〜んと横になり、
自分の腕が旋回する範囲以外にあるものは
「〜〜とって」と人にたのんで
トドでもそれ以上に動くぞ!!とツッコミを入れたくなるような
旦那ちゃんなのですが


(こんな姿を許容しているワタシもワタシですが)


最近、ちょっとした「殺し文句」を吐くようになってきました




なにかテレビでそんな言葉に繋がりそうな話題をしていた、というわけでもないのに


「・・・・な〜〜んか、お前とおったら、落ち着くなぁ・・・」



「・・・安心感、なんかなあ・・・」



ちょっとふざけて、一緒になってくっついて寝転んだりしていたら



後日、


「あの時、よく寝れてなあ・・・あったかいからか、安心感からか、
・・・・よく寝れたわ〜〜・・・」


そんな殺し文句をぼそっと言うのです。



いっしょに寝転んでいたとしても、そのまま夢の世界に

ひとりで

行ってしまうので、



最近はまちがいなく「なまごろし」状態になっておるワタクシです



最近、こんなことが続くと
純粋に嬉しいのはうれしいですが

結婚16年ともなると、あたまの片隅でちょっとあやしむキモチもありますよね




「なんか、ウシロメタイことでもあるのか?」



だけでなく



ひょっとして、突然会えなくなってしまうことの前兆か、とか。



ちっちゃい爆弾をかかえているヒトだし
無理もムチャもヤンチャもしたし
1年で2万キロは余裕でクルマ飛ばすヒトだし

そんな殺し文句をおいたまま、
絶対にひとりでいってしまわないで・・・


そう祈らずにおれません。



アースマラソン頑張っている、寛平ちゃんが
前立腺がんに罹っていることを公表しました。
治療しながら走り続ける決意だそうです。
支えている方々…特に奥様の心中を思うと、
祈らずに、おれません。



夢のために、一途な姿には胸をうたれます。


どうか、健康が守られ、ささえられますように。



そこで一句


なあ、癌よ お前も死ぬのは いやだろう?
おとなしく、控えめにしていただきたいと。







posted by はね吉 at 10:22| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱた川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

成人式

平成も『成人』したかと世に問うて



平成22年、というよりも
「成人がすべて平成生まれ」というほうが
へええ、と
もう20年たったかね、という気になるもんですね。


と、いうよりも


2010年、のほうが明らかに馴染みがあるのは
シューカが2000年生まれ、という以外にもある気がします





毎年「荒れる成人式」が、これまた季節のトピックスになって久しいですが



今年はどこかの市長さんが
挨拶をする途中で
壇上に上がってきて騒ぐフトドキ者に対して

大きく一喝し


「君たちの行為が、多くのここにいる同期生にとっても
かなり迷惑になっていることを心得るべきだ」

みたいなことを言った時に


その、多くの同期の新成人の皆さんが
多くの拍手をもって賛同していたのが
うれしかったな、とおもいました

そうそう、そんなKYな奴は、同年代で「恥ずかしい奴」の
烙印を押してやったほうが、その子のためになる。



それから、


昨日の報道ステーションで
新成人の刀鍛治修行中の青年を取材していたが

修行中は給料が出ないので、
実家から最低限の仕送りをしてもらいながら
3食自炊して、携帯電話も無い生活をしながら
日本伝統の刀匠になるために

一人前になる前には、酒もタバコもしない、と決めて
同窓会に参加している姿は
とてもストイックなものを感じました。



師匠のいう、「その人の人生がそのまま刀にあらわれる。
素晴らしい人生を過ごして来てるなら、
その刀は、そのまま名刀になる」
と言っていたのも、うなずける気がした…


その人の、生み出す物そのものが
すなわちその人そのもの、というものが
ワタシにはあるのか。


2回目の成人式もウン年前に終えたワタクシですが
(ちょっと懐かしい響きですな)
「生み出せるもの」もなく「成熟」の程度もあやふやで
いまだ迷走状態のワタシ。


・・・平成の世も、そんなところでしょうかね。
ちょっとずつ、オトナをめざしたいもんです。



posted by はね吉 at 10:20| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱた川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水菜が…

鯨鍋水菜と炊いたが懐かしき
最近の水菜って、柔らかいですね


サラダに生で入ったりして、シャキシャキしていてシューカは大好きなんですが


サラダに使えるって事はそれだけ柔らかく、くせがなく…ってことですね。



昔の…それこそ鯨のハリハリ鍋に入れていた頃(なんか年齢がばれそうやな)

水菜は通学路のはたの畑に栽培されていて、
寒くて霜のおりそうな朝に


棘のの様な緑の葉を、寒さに挑むかのように突っ張って伸びていたような

生命力に満ち溢れた存在でした



そして、食べ応えも、バリバリと針金みたいで
鯨も水菜も固いので、炊いて炊いて、クタクタになったのをしがむようにして食べて
でも必ず奥歯にはさまって、食後往生する、
そんな思い出が、鯨のハリハリにはあります。


最近の水菜は、我が家では「薬味」級の扱い。
あのシャキシャキ感を味わうには、仕上げに生で盛るか、火を消した後の余熱でさっと湯通し…程度でしょうか。

鍋になんか使おうもんなら、
春菊みたいに「しゃぶしゃぶ」で、(しゃぶしゃぶに使うのではなくて、肉のようにしゃぶしゃぶして食べる、って意味)

でないと鍋のなかで頼りなく
あれ?これなんだっけ?になってしまう。



生でも鮮度が落ちて来ると、



へしょん、として



いかにも疲れてますとか
死にかけですとか
情けない表情になってかわいそうです。
まさに、水がないと保っていられない、「水菜」なのかな、といったかんじ。




あんな針金みたいに尖んがった、生命力に溢れた水菜は…


JAにしか無いかもしれませんね…。
posted by はね吉 at 08:51| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱた川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

ばんどうえいじ



ゆで卵「ばんどうえいじ」のあだ名つき






その人の人となりや癖や、印象からあだ名はつくものですが、



最近は逆にして遊ぶこともあるかもしれませんね





シューカと二人で、ひそかにウケてます。


ゆで卵のことを、「ばんどうえいじ」と呼ぶこと…




明日の朝ごはんに、ばんどうえいじ食べたいな〜、とか。
posted by はね吉 at 18:57| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱた川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

十日戎

西宮戎神社の神事、福男選びは
季節のトピックスとして全国区の話題になりました。

甲子園が故郷のワタシにとって、地域(かつての庭)の話題が全国区になるのは
たとえ「珍」がつきそうなことでもちょっと心が浮き立つような気分になるものです。



昨日の宵戎に地元の小さな恵比寿神社に行ってきたのですが
総本社である西宮神社に、また行きたいなぁ…と思いました。

マグロに5円玉貼付けたい☆



そこで一句。






えべっさん露店がさらえる零れ福


あのおでん屋さんの湯気、暖かそうだった…
およそ唯一、映像効果のための開店なんでしょうけど、

福男候補の人達が殺到して、実質一番福が舞い込むのは
このおでん屋さんじゃないのかな―――――なんて。
posted by はね吉 at 10:09| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱた川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。