2010年01月12日

成人式

平成も『成人』したかと世に問うて



平成22年、というよりも
「成人がすべて平成生まれ」というほうが
へええ、と
もう20年たったかね、という気になるもんですね。


と、いうよりも


2010年、のほうが明らかに馴染みがあるのは
シューカが2000年生まれ、という以外にもある気がします





毎年「荒れる成人式」が、これまた季節のトピックスになって久しいですが



今年はどこかの市長さんが
挨拶をする途中で
壇上に上がってきて騒ぐフトドキ者に対して

大きく一喝し


「君たちの行為が、多くのここにいる同期生にとっても
かなり迷惑になっていることを心得るべきだ」

みたいなことを言った時に


その、多くの同期の新成人の皆さんが
多くの拍手をもって賛同していたのが
うれしかったな、とおもいました

そうそう、そんなKYな奴は、同年代で「恥ずかしい奴」の
烙印を押してやったほうが、その子のためになる。



それから、


昨日の報道ステーションで
新成人の刀鍛治修行中の青年を取材していたが

修行中は給料が出ないので、
実家から最低限の仕送りをしてもらいながら
3食自炊して、携帯電話も無い生活をしながら
日本伝統の刀匠になるために

一人前になる前には、酒もタバコもしない、と決めて
同窓会に参加している姿は
とてもストイックなものを感じました。



師匠のいう、「その人の人生がそのまま刀にあらわれる。
素晴らしい人生を過ごして来てるなら、
その刀は、そのまま名刀になる」
と言っていたのも、うなずける気がした…


その人の、生み出す物そのものが
すなわちその人そのもの、というものが
ワタシにはあるのか。


2回目の成人式もウン年前に終えたワタクシですが
(ちょっと懐かしい響きですな)
「生み出せるもの」もなく「成熟」の程度もあやふやで
いまだ迷走状態のワタシ。


・・・平成の世も、そんなところでしょうかね。
ちょっとずつ、オトナをめざしたいもんです。



posted by はね吉 at 10:20| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱた川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水菜が…

鯨鍋水菜と炊いたが懐かしき
最近の水菜って、柔らかいですね


サラダに生で入ったりして、シャキシャキしていてシューカは大好きなんですが


サラダに使えるって事はそれだけ柔らかく、くせがなく…ってことですね。



昔の…それこそ鯨のハリハリ鍋に入れていた頃(なんか年齢がばれそうやな)

水菜は通学路のはたの畑に栽培されていて、
寒くて霜のおりそうな朝に


棘のの様な緑の葉を、寒さに挑むかのように突っ張って伸びていたような

生命力に満ち溢れた存在でした



そして、食べ応えも、バリバリと針金みたいで
鯨も水菜も固いので、炊いて炊いて、クタクタになったのをしがむようにして食べて
でも必ず奥歯にはさまって、食後往生する、
そんな思い出が、鯨のハリハリにはあります。


最近の水菜は、我が家では「薬味」級の扱い。
あのシャキシャキ感を味わうには、仕上げに生で盛るか、火を消した後の余熱でさっと湯通し…程度でしょうか。

鍋になんか使おうもんなら、
春菊みたいに「しゃぶしゃぶ」で、(しゃぶしゃぶに使うのではなくて、肉のようにしゃぶしゃぶして食べる、って意味)

でないと鍋のなかで頼りなく
あれ?これなんだっけ?になってしまう。



生でも鮮度が落ちて来ると、



へしょん、として



いかにも疲れてますとか
死にかけですとか
情けない表情になってかわいそうです。
まさに、水がないと保っていられない、「水菜」なのかな、といったかんじ。




あんな針金みたいに尖んがった、生命力に溢れた水菜は…


JAにしか無いかもしれませんね…。
posted by はね吉 at 08:51| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱた川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

ばんどうえいじ



ゆで卵「ばんどうえいじ」のあだ名つき






その人の人となりや癖や、印象からあだ名はつくものですが、



最近は逆にして遊ぶこともあるかもしれませんね





シューカと二人で、ひそかにウケてます。


ゆで卵のことを、「ばんどうえいじ」と呼ぶこと…




明日の朝ごはんに、ばんどうえいじ食べたいな〜、とか。
posted by はね吉 at 18:57| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱた川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

十日戎

西宮戎神社の神事、福男選びは
季節のトピックスとして全国区の話題になりました。

甲子園が故郷のワタシにとって、地域(かつての庭)の話題が全国区になるのは
たとえ「珍」がつきそうなことでもちょっと心が浮き立つような気分になるものです。



昨日の宵戎に地元の小さな恵比寿神社に行ってきたのですが
総本社である西宮神社に、また行きたいなぁ…と思いました。

マグロに5円玉貼付けたい☆



そこで一句。






えべっさん露店がさらえる零れ福


あのおでん屋さんの湯気、暖かそうだった…
およそ唯一、映像効果のための開店なんでしょうけど、

福男候補の人達が殺到して、実質一番福が舞い込むのは
このおでん屋さんじゃないのかな―――――なんて。
posted by はね吉 at 10:09| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱた川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

星降る街角

100105_194642.jpg神戸ハーバーランドのアーケードです



とても素敵!



デートに最適なハーバーランド。なんといってもナイトシーンが…


ひとりで歩くにはちょっとせつなくなります( ̄▽ ̄;)



シューカもうっとりしていました


彼女が、大好きな人とここを歩くのは、
何年位後の事になるのでしょうか……
posted by はね吉 at 01:11| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の泡アワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

あけましておめでとうございます

IR0FRRV3SBT563L.jpg
今年こそ、よい1年でありますように…


どうぞよろしくお願いします☆
posted by はね吉 at 02:49| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の泡アワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

年末のリニューアルです

…とはいっても、ブログタイトルだけの話なんですが。

ブログを書き始めて4年ほどなんですが
初めて立ち上げをして下さった方がタイトルも考えてくれたのですが
(はね吉の跳んでるBLOG、という…)
そこに自分で付け足していって…

この度、「ぱたぱた散歩道」だけに落ち着きます。

実際、「跳んでる」には程遠い、
地べたを這いずり回っているような毎日だし。

(「ぱたぱた散歩」するようなことも遠いかもしれないが)




ことし。



不景気が板についたようになって
政治が変るとよくなるか、と期待したけれど
今までのツケがあまりにきつすぎて
迷走が続いていて

一発逆転よりも
いかに日々を堅実に、節制して真面目に生きることを
推奨されているわけですが




ぱっ、としたいのになあ。



年末になると、
この頃は楽しみよりも
焦りやイライラした気持ちのほうが多くなっているのは
歳をとったからなのか・・・

本当は感謝の気持ち
未来への希望を祈るキモチで
過ごしたいのに。




「〜〜しなければならない」が多いのかなあ



主婦はシンドイ。



ブログの内容も「ぱたぱた」よりも
「ぶつぶつ」「ぐだぐだ」散歩道のほうがあってたかもっ?!


((笑)



でもでもでもでも、明るい方向で、行きたいじゃないか!!!

なので、「ぱたぱた」で、がんばります!!


今年は、更新がめっきり減ってしまったので、
来年はまた盛り返して行きたいと思っております。
とりあえず、新年からの仕切り直しです

どうぞ、皆様、よいお年をお迎えください・・・


posted by はね吉 at 23:57| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の泡アワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

涙もろくて…

今日、「HEY!HEY!HEY!」で

槙原敬之と浜ちゃんの「チキンライス」を聞いて
実は恥ずかしながら
じっくりと聞いたのは初めてだったので

松っちゃんが作詞だっていうのもあわせて

すごく、感動して

ボロボロ泣いてしまいました。

クリスマスシーズンに
子どもにも聞かせたい曲だな、って思ってしまいました


最近、すごく涙もろいんです
自分でも、ネジが一本落ちたような気がするんです

この間までは「キタ!」と思っても
涙がジワっ、位ですんでいた事柄でも
今ではボロボロになってしまう・・・




・・・しかも、夫婦揃って・・・・



つい最近では、
赤星の電撃引退。
夕食前のニュースでおいおい泣いているワタシをみて、
シューカが「なんでそこまで泣くか」と不思議そうにしていたっけ。


歳をとると、涙脆くなるっていいますが

多分、その対象人物(モノである場合も)の心象を思い描いて
『理解できる部分』が多くなってきている…
ということなんじゃないかと思います

何か感動して、ボロボロ涙を流してみると、
なんだかスッキリしますね

なにか、精神衛生に良いのかもしれませんね

チキンライス、聞いてみて下さい


posted by はね吉 at 23:44| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の泡アワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

マンモグラフィしてきました

40歳も過ぎると、健康診断・人間ドックと気を使わないといけなくなりますが

ワタシもとうとう、『マンモグラフィ』してきました!

乳がんの検診ですね。

乳房X線撮影、です。

おっぱいをプラスチックの板でペチャ〜〜〜〜ッと圧迫して
X線撮影をするのですが、

ワタシのような貧乳で、
しっかりと「はさむ」ことが出来るのだろうか…と心配していたんです


ペースメーカーを装着していたり、
豊胸手術をしていたり、
妊娠中・授乳中のひとは検査できません。

その、「ペちゃ〜〜〜〜〜ッ」となるまで圧迫するのに、
最大12キロの力が加わるそうですが
片方づつ、40代なので2方向(横と縦に圧迫する)計4回しました。

貧乳だし、被爆しないように、顔は出来るだけ逸らさないといけなかったので

自分のおっぱいがどれだけ「ペチャ〜〜〜〜〜〜ッ!!!」となっていたのか
見ることは出来ませんでした。


(笑っちゃうかも)orz


「かなり痛いよ」という前評判なのでちょっと心配だったけど
痛みに鈍感なワタシは大丈夫でした


それより、「触視診」のほうが複雑でしたわ。

仰向けに寝て、手は頭の上に組み、

医師が


ぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷに

と両手指先でおしまくるのですな。


・・・・乳がんは旦那さんが見つけることが多い、といいますが
確かに、これで診断するんだからそうかな、と(////)



結果はまあ多分何も無いとは思いますが

2年に1回は「マンモ」したほうがいいですって。


とりあえずは、やってみたもんね〜〜
posted by はね吉 at 10:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の泡アワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

真澄さまっ!!!

恋を、してしまった。
・・・と、いうより、「気づいてしまった」というほうが正しいのかもしれない


あのひとに、こんなに魅かれていたことに・・・


・・・・・ええっ!?



でも、道ならぬ、報われない恋だ。
しかも、彼には「魂の片割れ」ともいうべき、愛する女性がいる。
いや、そんなことじゃない・・・

彼には、会う事も触れることもできない。
こんなふうに想いを募らせても、ただの独りよがりだ。

・・・いや、異常なのだ、この想いは!!


ええっ?!・・・・・



異常、と言い切る根拠・・・・
それは・・・・・
その彼は、「架空の人物」なのだから。



とうとうそこまでなっちゃいましたか・・・・



あの、冬ソナのヨン様に憧れ、恋することだってあるんだから、
そんな異常ってことも無いと思うよ??

いや、そうじゃない、
その彼は・・・・三次元のひとじゃないんだもの。
思いっきり二次元の・・・

しかも、漫画の登場人物・・・・・・・・・・・・・・



ええっ・・・・・・(失笑)


その人は・・・・・


・・・速水真澄。


美内すずえ原作の演劇根性漫画、『ガラスの仮面』の登場人物。
ガラスの仮面は、安達祐美の主演ドラマにもなっているので、
小耳に挟んでしってるよ、という人が多いと思うけれど
少女マンガ界で怒涛の大河ドラマ
連載開始から30年を越えて未だ完結していない(途中10年程休載)
親子2代、3代にわたってのファンがいる
など

およそワタシのような40代の女子に知らない人はいない、というほどの作品だったりするのですが

その主人公、「北島マヤ」に深く関係していく男性なのです。

いや、二人目、三人目の主人公といってもいいでしょう・・・


wikipedia「ガラスの仮面」


wikipedia「速見真澄」


興味のある人は漫画44巻、読んでくださいってことで。


「ガラスの仮面」との出会いは、小学校5年生。ちょうどコミックスの1巻が発行された頃でしょうか。
ワタシの演劇好きは、これに影響を受けたといっても、過言ではありません。

中学・高校と「演劇部ではないが、文化祭で演劇?をする部」に所属したのも、
30を越える歳になっても「セリフがはいってない!!」という夢を見て焦ったり
紅天女の継承権がかかるほどの女優か、との評価を得ながら、
「家庭に入らなければなりませんので」と諦めている夢をみて
(現実に結婚して2〜3年の頃に見た夢)本気で泣いていたり、とか

なんかとんでもなく魂を入れ込んでしまっている作品なのです。



そして、見事旦那ちゃんまで『ガラスの仮面』にハマらせてしまい
「ビレッジバンガード」っぽい怪しい深夜まで営業している古本屋に通いつめ、ブックオフに日参し、
文庫で21巻、中古で集めさせてしまいました・・・

それが、シューカの生まれるちょっと前・・・


そして今年、いよいよ原作の美内さんも完結にむけて連載を開始したので
再燃、でございます。


今度は、小学3年のシューカもいっしょにハマっています・・・
しめしめ、でございます。

DSの、「トモダチコレクション」の「mii」に
「はやみさん」「マヤちゃん」「はねきちさん」が同じマンションの住人として、登録してもらってしまいました揺れるハート




・・・・だんだん、馬鹿っぽい内容になってきましたが・・・





呆れてる?



だよね。




で、真澄様の魅力っていうのがね・・・・





続きを読む
posted by はね吉 at 02:49| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。